慶應義塾大(商)   嶋 彩夏 (都立 国立)

 私は高二の冬から志塾に通い始めました。体験授業では、今までの勉強では得られなかった、理解できたときの頭の中のスッキリした感覚が忘れられず、すぐに入塾を決めたのを覚えています。当初は部活動との両立が厳しく、勉強をないがしろにしがちになりましたが、志塾で先生の授業を受けると、不思議とまた頑張ろうと思えることができました。受験生になり、周りの友達が必死で勉強し始める中、私はなかなか受験モードに切り替えられずにいました。部活動や文化祭の準備などを言い訳に辛い勉強から逃げようと思ったことも沢山ありました。でも、志塾に来て、志塾の友達が頑張っている姿を見ると、自分は今が必死にならないといけない時期なんだと自覚することができました。また先生の「いま自分が無駄にしている一分一秒と試験直前の一分一秒は同じ価値なんだ」という言葉には、何度奮い立たされたか分かりません。志塾では、今ある時間を大切に使うこと、そしてがむしゃらに頑張った人には結果がしっかりついてくるということを教えてもらいました。先生方、本当にありがとうございました。