成城大(文芸)   馬郡 菜央 (都立 神代)

 私が志塾に入塾したのは高2の2月でした。それまでは親が勝手に申し込んだ塾に通っていたのですが自分には合わなさすぎて3ヶ月で辞めてしまいました。なので次は自分で塾の見学をして決めようと思い、志塾の他に2つの大手の塾で体験授業を受けました。1つ目は映像授業型の塾で自分に甘い私は、『ここでは怠けてしまう』と思いやめました。2つ目は大教室で何十人もの生徒と一緒に授業を受ける塾で、志望校等の相談相手が大学生のアルバイトであるという点が気に入らず、ここも入塾をやめました。最後に体験授業を受けたのが志塾でした。短い英文の書かれた紙と英和辞書を渡されて「訳せ」と言われたものの、和訳をすることなんて初めてで、高校の英語の授業にすらついていくのがやっとの私にとってとても難しく、全く訳すことが出来ませんでした。しかし、その後の解説でひとつひとつ訳のポイントを教えて頂き、体験授業の間中、なるほどと感心しっぱなしでした。先生と生徒の距離がとても近く、少人数制であるという点も入塾の決め手でした。
 入塾してから1年間、ほとんど毎日自習室へ通いました。学校で過ごす時間よりも志塾で過ごす時間の方が長かったと思います。
 入りたての頃は本当に英語の基礎からなっていなくて、よく1年間でここまで成長することができたと思います。それも全て志塾の先生方のお陰です。一時期、学校の文化祭準備で勉強が疎かになってしまった時も見捨てずに優しく喝を入れて下さり、やる気を取り戻すことができました。
 一年間本当にありがとうございました。