東京医科歯科大(医)   斎 佳奈子(多摩大聖ヶ丘)

 私が志塾に入ったのは、高校一年の終わりでした。塾に入る前は、勉強もせず、毎日ボーッと過ごしていたので、今考えれば無駄にしてきた時間がとてももったいないです。学校のテストも一夜漬けで点が取れていたので、自分の現状が全く分かっていませんでした。しかし体験授業でコテンパンにされ、本当にひどいものだったんだと痛感しました。英語を最も苦手としていた私は、長い文章が少しも読めず、始めた頃は本当に大学に合格できるのか不安が募るばかりでした。しかし、志塾の一から丁寧に教えてくれる授業を受け、少しずつですが、英語がわかるようになりました。それからというもの、少しでも読めるようになっていくのが嬉しくて、いつしか苦手意識がなくなっていました。
 私は、小論文も受験に必要な科目だったのですが、授業では毎回文章を書く時間があり、一人一人添削もしてもらえて、英語・国語ともに質の高い文章を読ませていただいたため、とても強い戦力になったと思います。
 そしてやはり一番大きな力となったのは、授業中に先生が話してくださった、世の中の厳しい現実など身に染みるお話です。先生の話を聞くたびに、一生懸命頑張らなきゃ!と気持ちが掻き立てられました。時には笑える話や今後社会でどう生きるべきかなど、すごく感銘を受けるものばかりで、今では後藤先生は私の中のカリスマ的存在です(笑)。最初先生に厳しい指導を受け、褒められた方がやる気出るのに…などとふざけたことを言っていました。でも今思えば、何も言われないような他の大手の塾に通っていたら、どこにも合格していなかったでしょう。事務のお姉さんにも親身に相談に乗ってもらいました。一人一人の事をしっかり見て、色々アドバイスや忠告をしてくれるのは志塾だけです。志塾でのいろいろな出会いがなければこの合格はなかったと思いますし、志塾で勉強できて本当によかったです。後藤先生、澤田先生、田邉先生、南雲先生、土田さんありがとうございました。お世話になりました。