上智大(外国語) 学習院大(文)   伊藤 みずき (桐朋女子)

 私が志塾に入ったのは高校2年の夏でした。ダイレクトメールで初めて志塾を知りました。家からも学校からも近かったこともあり、当時まだ塾をちゃんと決めてなかった私は、とりあえず体験授業に行ってみることにしました。体験授業では英語の長い一文を和訳する、という課題が与えられたのですが、本動詞が見つけられず、文の構造もさっぱり分かりませんでした。その解説では、文法事項(冠詞や接続詞の役割など)の説明を含め、文の骨格をおさえて訳していく、という英文和訳の基本姿勢を教えてもらいました。今までの英文の読み方では全然だめであったことに気付き、また、大人数の塾でやっていける自信の無かった私は、入塾を決めました。
 高2の時は生徒も数人で、雰囲気もペースものんびりした感じがあったのですが、高3になると人数も増え、授業のペースもどんどん速くなっていきました。特に私は一番上のクラスにいたため、「周りにおいていかれてはいけない」「自分のポジションを上げていきたい」といいう気持ちでした。自分の怠け癖も手伝って、成績も思うように上がらず(英語に関しては、復習不足であったことが一番の原因である)、模試の結果も悲惨でした。後藤先生から、「地頭は悪くないんだから、とにかく復習しなさい」と言われ続けました。無事に上智大学の外国語学部に合格することができたのは志塾で培われた英語力のおかげであることは言うまでもありません。
 最後になりましたが、後藤先生、澤田先生、田邉先生、他、お世話になった全ての方、本当にありがとうございました。