上智大(総合人間) 首都大(法)   河崎 瑛里奈(鷗友学園女子)

 私が入塾したのは高校2年の終わり頃です。名詞とは何か、志塾での学習はそこから始まりました。当初は英語の基礎が全くなく、与えられた課題すらまともに解けないような状態でした。学校推薦に逃げたい気持ちがあり、前に進めない時期もありましたが、先生方が親身に相談に乗ってくださったおかげで一般入試へ踏み切ることができました。志塾での学習は、予習・復習を繰り返すだけで実力がつき、夏休みが明ける頃には自分でも伸びが実感できるほどになりました。また、少人数制のクラスで先生が一人一人をよく見てくださるので授業は大変わかりやすく、進度もちょうど良く学ぶことができ、私自身も緊張感を持って授業に臨むことができました。推薦に頼らず受験を乗り切れたことは自信になりましたし、本当に嬉しく思います。お世話になった先生方、最後までご指導ありがとうございました。一人でも多くの後輩が志塾で自信をつけ、笑って卒業できるよう祈っています。