上智大(外国語) 立教大(文) 青山学院大(文) 明治学院大(文)   堀 千尋 (恵泉女学園)

 私が志塾に入塾したのは高校二年の十一月のことでした。それまで中高一貫校でのびのびと過ごしてきた私は、定期試験で困らない程度には勉強していましたが、復習をしていたかといえば全くできていませんでした。入塾した十一月というのも、受験勉強を始めるのに丁度良いと踏んで設定したのではなく、単に部活に一段落ついたから、というものでした。そんな呑気な私でしたが、入塾して一月程は澤田先生が二対一で丁寧に教えて下さったのでついていけないということもなく順調に志塾に慣れていきました。
 当初の私の目標はMARCHのどこかに合格することでした。それ以上の大学は望むことはおろか考えたことすらありませんでした。しかし、初めて後藤先生にご指導頂いた直後、先生はこうおっしゃったのです。「もっと上、例えば上智くらい目指せるんじゃない?MARCHじゃもったいないよ。」
 私はこのお言葉にとても驚きましたが、長年教えていらっしゃる先生のおっしゃることならば、と目標を上げることにしました。クラスが上がった直後は授業が一層難しく感じられ、不安なことばかりでしたが、「復習」を大切に何とか一年間勉強してきました。
 他の塾に通ったことはないのですが、この塾にこなければ私は合格まで漕ぎつけなかったと思います。多くの大手塾では、あまりに沢山の授業を受けさせて消化不良を起こさせてしまうようですが、この塾はそうではありません。受験に必要な知識を凝縮した濃厚な授業を週二日受け、あとは復習を繰り返す。復習をするのは当たり前なことかも知れませんが、この当たり前なことをこなせていない受験生は沢山いる筈です。
 加えて私の印象に残っているのは、授業の合間に時折後藤先生が話して下さった多くのお話です。それは受験に関することから、それ以上に大きな世界の話、人生観など深く考えさせられるものばかりでした。私は今こうして先生方のお陰で第一志望校に合格できましたがそれはゴールではありません。この先の多くの目標に向かい、絶えず学び、考えられる人となることを目指したいと思います。大切なことを沢山教えて下さった後藤先生、澤田先生、田邉先生、陰で支えて下さった事務の方々に感謝しています。本当にありがとうございました。